40・50代の女性「胃」のお悩み解消へ│1日3回の習慣でHappyに♪

ココロとカラダのBestbalanceへ

アロマ鍼灸師のMamikoです。


40,50代の女性に多く見られる症状

「胃」に関わる「胃もたれ」「胃の不快感」「消化不良」など。


このお悩みの基礎的な部分の解消そして+αがたくさん!

簡単で1日3回のチャンスがある方法です。

(1日3回じゃない方もいるかもしれませんが…)


1. 胃に関わる不快な症状を緩和へのキホン

2. キホンの効果

3. より良い咀嚼のためにできること

4.Pranaについて


1.胃に関わる不快な症状を緩和へのキホン

胃の調子が悪い原因には、ストレスが多くあげられます。

ストレスにより食べのもの消化・吸収システムをコントロールする自律神経が乱れたり、不具合が起きるからです。


ストレスのコントロール技術には個人差があります。

でも個人差がない方法で消化・吸収システムに負荷をかけない方法があります。


それが「咀嚼」です。


もぐもぐ「噛む」です。


消化のために「1口30回噛む」と言われますが、なかなか30回噛むことは難しいですね。

10回くらいで飲んじゃいます。

で、あごも疲れます。


でも、「咀嚼」には消化のためだけではなく、様々な効果があることを紹介したいと思います。



2.キホンの効果

「咀嚼」は「消化のため」と多くは思われています。でもほかにもあります。


①  唾液がたくさん出る

唾液の効果は以前も記載したのでこちらをご参考に。


② 消化が良くなる。

食べ物が細かくなるので、消化しやすく胃や腸の負担減につながります。


ここからが大事です。


③ 味覚が発達する。

噛めば噛むほどって経験ありませんか?

唾液の中には多糖類のでんぷんを分解する酵素が含まれています。コメの甘味は、酵素によって分解され感じやすくなるのです。

しっかりした味付けは、満足感にもつながりますね。


④ 食べ過ぎ防止

咀嚼は脳の「満腹神経」を刺激します。「満腹神経」刺激が食べ過ぎを抑えてくれるのです。


⑤ 脳の働きが良くなる

脳には3大栄養素はすべて必要ありません。

糖質のなかでも「ブドウ糖」が脳の唯一の栄養素なのです。

また、記憶をつかさどる脳の部位「海馬」を活性化させ、思考や理性、人間らしい行動をつかさどる「前頭葉」の血流がアップします。

この「前頭葉」の血流低下は、認知症やうつ病に関連があると言われています。


⑥ 気持ちが落ち着く

脳の中で幸せホルモンともいわれる「セロトニン」という脳内物質の分泌が高まります。

この物質もうつ病に関連があります。


この項目に近いものとして、快不快をつかさどる「扁桃体」の活動が低下するともいわれています。快不快と言ってもどちらかというと、不快を感知することが多いかもしれません。

なので、不快が感じにくくなり、ストレス軽減につながるとも考えられています。



いかがでしょうか?

消化吸収の負担を減らし、満足感・幸福感もアップ。

ダイエットが毎日できて、幸福感を味わい、認知症・うつ病の予防にもなる「咀嚼」

現在の「胃」のお悩みやココロとカラダのアンバランス、そして、将来の不安「認知症」まで解消できそう!


今日から見直してみてはいかがでしょうか?



3. より良い咀嚼のためにできること

① 噛み応えのある食材を選ぶ

大根やレンコン、小魚や鳥軟骨などシャキシャキする食材をメニューに取り入れましょう。


② 調理の時は大きめに切る

あまり大きくても食べにくいので、細かくし過ぎないから始めてみましょう。


③ 一口の量を少なく

口に入れる量は少なめに。


④ 水分と一緒に流し込まない

噛み切らないうちにのんじゃいます。


⑤ 一口入れたら箸をおく

手に箸を持ったままだと、次の食材を取ってしまいます。

お気に入りの箸置きがあると 使おう!となるかも。


「咀嚼」することを感じつつ、出来そうなことを取り入れて、いつもの食事でココロとカラダのBestbalanceを目指しましょう!

閲覧数:12回0件のコメント