top of page

靴下は履かないで!│睡眠時の冷え対策

ちょっと高価ですココロとカラダのBestBalanceへ

アロマ鍼灸師のMamikoです。


冷えから女子を守りたい!

って本当に思います。


急に寒くなると、「冷え」を特に感じやすくなりますね。

施術中に冷えに対するご質問たくさん頂きます。


なのでよくある質問Q&A形式で。

Q1.靴下を履いて寝ても良いですか?

Q2.電気毛布は朝まで使用しても良い?

Q3.寝酒って良いの?

Q4.入浴するとかえって眠れないからシャワーで十分ですか?


Q1.靴下を履いて寝ても良いですか?

A1.ダメです!

  この質問は、即答です。吐いて寝てはいけません!

  理由1:睡眠の質が落ちる。

      寝ているときは、体温が上がります。発熱の時は睡眠が浅いですよね。

      この体温が上がりすぎないようにするには「放熱」が必要ですが、手の平・

      足裏は解剖学的に表面積が広いため、「放熱」がしやすくなります。

      寝ているときにこもってしまった熱は、手の平や足裏から「放熱」します。

      靴下を履いていると「放熱」が妨げられるため、睡眠の質が悪くなります。


      ちなみに・・・ヒトは体温が上がり、下がるときに眠りにつきます。

      なので、お布団に入った時、ある程度暖かい状態と言うのはとっても大事。

      体温が上がり下がるという状況が作りやすいから。なので、入眠時に関しては

      足元を温めるというのはとっても有効です。

      これを考えると、寝る前にお風呂に入って温まるという事も、体温を下げると

      いう状態を作りやすくなるわけです。冷えでお悩みの方や寝つきが悪いという

      方にシャワー浴は減らして入浴中心にとお伝えするのはこれが理由の1つで

      す。


  理由2:蒸れる。      

      蒸し暑い日に爆睡の方は少ないと思います。

      理由1にも書きましたが、「放熱」が出来ない、し難いため、足元を中心にお

      布団の中が蒸れます。蒸し暑い状況を自ら作り出しています。

      これも睡眠の質の低下につながりますし、なんといっても、ダニの増殖に繋が

      ります。


  理由3:血液循環が悪くなる。

      浮腫みを経験したことがある方はわかると思いますが、靴下の跡ってつきます

      よね。少なからず圧がかかっています。

      寝ているときは、カラダが水平になっているため、脚と心臓はほぼ同じ高さな

      のでそれほどでもありませんが、少なからず血液・リンパ液の循環の妨げにな

      ります。足の指が動きにくいというもの、循環には影響します。


結論 → 足裏&足首開放(解放)という事で、超ゆるゆるのレッグウォーマーをおすすめ

     寒くて眠れない時も入眠に必要な体温Upをサポートするし、就寝中も「放熱」

     しながら、保温も可。しかも締め付けないし足指もうご~く。


Q2.電気毛布は朝まで使用しても良い?

A2.これもダメ!

   理由は上記A1と一緒。

   使うなら、タイマーを使うかお布団に入る30分ほど前にスイッチONして、寝る時に

   はOFFしましょう。


Q3.厚着して寝ても良い?

A3.これもダメ!

   理由は上記Q1の理由1と理由2と同じ。放熱が出来ないと、体温が上がります。

   体温が上がると、発汗をして体温を下げるスイッチON。

   発汗は自律神経の交感神経により、起こる生理現象。交感神経が働くというという

   ことは、活動的になります。睡眠中に活動…眠るどころではありません。

   睡眠の質が落ちますので、吸湿性・放湿性のあるシルクなどがおススメですが、ちょ

   っと高価。なので、締付けない程度のゆったりしたサイズで。寝がえりのしやすい素

   材のものを!



Q4.寝酒って良いの?

A4.アルコール度数はあまり高くないもので冷たいものは避けて。

   寝る3時間くらい前まででグラス1~2杯程度。女性は1杯程度まで。


   確かに飲むと眠れるんですよね。

   というか、布団までたどり着かないこともあります。

   ソファーで寝たり、お風呂で浸かりながら寝たり・・・

   メリットデメリットがやっぱりあります。


   〈寝酒メリット〉

    寝つきが良くなる!

    それは、アルコールが脳の中の興奮系の神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを   

    抑え、抑制系の神経伝達物質であるギャバの受容体を刺激するため、鎮静や催眠の

    作用を発揮するから。入眠のしやすさに引き続き、睡眠の前半は深い眠りに繋がり

    ます。先行型的な感じ?


   〈寝酒デメリット〉

    睡眠中の頻尿といびきを誘発。

    睡眠中は、尿を作らないようにするホルモン抗利尿ホルモンが分泌されます。

    アルコール成分は抗利尿ホルモンの働きを妨げます。

    また、アルコール成分は筋肉を動きにも影響を与えます。舌の筋肉にも影響し、

    仰向け時に舌がのどに落ちてしまい、いびきの原因に。

    また、鼻の毛細血管が膨張するため、鼻の通りが悪くなり口呼吸になるのもいびき

    の原因。

    そして、口呼吸のデメリットがプラス。

    口腔内が乾燥することで菌やウィルスが侵入しやすくなります。風邪やインフル、   

    コロナなどの感染症はもちろんですが、口腔内の悪玉菌の自浄作用もなくなり、

    虫歯などの原因にも。


    飲酒の量が多くなれば多くなるほど、睡眠の質が悪くなることも経験済みの方も多

    いはず。でも、いきなりやめると一時的に不眠症状を引き起こしますので、徐々に

    減らすようにしましょう!


    お酒は「百薬の長」ともいいます。上手に付き合えば、健康にもなれる優れもの。


Q5.入浴するとかえって眠れないからシャワーで十分ですか?

A5.入る時間と温度を変えてみましょう!

   入浴することで、入眠時に必要な体温が上がる→下がるが作りやすくなります。

   ただ、睡眠直前に入浴すると、体温上昇のまま布団に入り、体温は上がり続け、お布

   団の中は温まり続け、下がるまでに時間がかかり、入眠の妨げになります。

   お布団に入る2時間前には入りましょう。もしくは、冷えすぎない程度に湯冷ましし

   てからお布団に入りましょう。


   そして、お風呂の温度。

   季節やその日1日のカラダの冷えやストレス具合にもよりますが、38~40℃くら

   いが適温と言われています。ぬるめの温度でゆっくり浸かる事で副交感神経が優位に

   なりますので、筋肉の緊張が緩みます。好きな香りやちょっと照明を暗くするのもリ

   ラックス効果が高まります。

   

   入浴は、日中の冷えのリセットにも有効ですし、体液(リンパ液、血液)の循環、

   そして、水圧による浮腫みの解消も期待できます。寒さ対策だけでなく、日ごろの

   様々なお悩みの緩和も期待できると思います。

   そして、なにより、入浴は、日本独特の文化です。

   日本の風土に合った生活スタイル。日本の風土に合っているということは、日本人

   のカラダに合っている、必要という事で受け継がれた生活スタイル。

   

   日本人を味わいましょう!



いかがでしょうか??

良かれと思ってしていたことが、以外にも睡眠の質を下げてしまう事があります。

今回は、睡眠時の冷え対策ですが、睡眠トラブルを抱えている方は多いですね。

快適な睡眠のためについても今後まとめていきたいと思います。


Pranaのホームページはコチラ

ご予約やお問合せはコチラ


入浴が面倒、でも、冷え対策をしたい方は五行体質別ハーバルスチームを!







   



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page