マスクの下の緊急事態!

ココロとカラダのBestBalanceへ

アロマ鍼灸師のMamikoです。


緊急事態宣言発令中ですが、マスクの下でも緊急事態発令中です!


湿度も気温も上がってきたこの時季。

多くのメディアや美容関連サイトなどでは、マスクによる肌トラブルは多く伝えられていますね。(水分と油分のアンバランスでお肌のPhが崩れるから…)


確かにそうなんですが、もっと大変なことが起きています。


表情筋が・・・


みなさん、表情筋が硬くなってますよー&たるんでますよー

ホントにマスクで隠れている部分が硬くて…この硬さはいづれたるみも引き起こします。

マスクに隠れている部分なので、口元です。


口元と言えば、口輪筋はですが、口角下制筋(こうかくかせいきん)や笑筋(しょうきん)、下唇下制筋(かしんかせいきん)、頬筋(きょうきん)、広頚筋(こうけいきん)など頬からアゴにかけてがガチガチなんです。



月1でケアにいらっしゃる方でも、今回はちょっと顕著で、3ヶ月以上たっていた方はもっとだったので、書いています。


硬さの原因は2つ

➀ マスクで表情を見せなくなった 

➁ PC作業や携帯を見る時間が長くなった


です。


表情筋も腕や脚、お腹についている筋肉と一緒。

違いは、カラダの筋肉は骨と骨をつないでいますが、表情筋は、皮膚と骨についているという点。

そのため、表面から分かりやすい ⇒ 表情を作り出します。

使えば使っただけ、鍛えられかつ柔軟な筋肉にもなるため、豊かな表情を作り出すことが出来ます。


ちなみに表情筋は日頃、全体の30%しか使っていません。

たった30%…使わなすぎですね。

筋肉は使わないと、衰え、硬くなります。

目元、口元は、瞬きや咀嚼などで比較的使うことがありますが、他の筋肉は日常ではなかなか使いませんね。

顔全体の筋肉の使い方がアンバランスになり、変なシワやたるみの原因になってきます。


今はマスク生活で、表情を見せることが少なくなりました。

表情を見せる必要がない=表情筋を使う必要がないマスク生活は、顔全体の筋肉のアンバランスを引き起し、シワ、たるみの原因を引きおこしているのです。

(㊟咀嚼と表情を作るは違いますよ!)

マスク生活は続いているので、現在進行形ですよー。


ついつい見た目のトラブル:ニキビやくすみ、シミ、シワなどに目が行きがちで、化粧品でケアしようとしがちです。

確かに、ニキビやくすみ、シワ、シミなどはPhバランスや摩擦などの外的刺激によって起こることが多いので、化粧品ケアによってある程度の改善は見込めます。

でも、筋肉ケアは化粧品ではなかなか難しい…


なので、表情筋にもしっかり刺激を入れる必要があるのです。

筋肉なので、筋トレで対応が可能です。

顔ヨガとかも一時期流行りましたが、要注意です。

自身の指や手を使って行う場合、筋肉の向き(走行と言ったりします)があっていないと、変なシワの原因に。

また、摩擦によってシワやシミなどの原因にもなりますので、キチンと習うか、プロに任せた方が得策です。

でも、日々の生活でも充分対策が可能です。


〈対策〉

➀ 鏡を見て、自分が好きな笑顔を作る。もしくは、良い笑顔だねと周りに評判の笑顔を作り、この表情をマスクの下でも行う。

➁ 常に口角を上げている。楽しくなくても面白くなくても、マスクの下でも常に口元は笑う。

③ 顔筋トレ編:割り箸などを横にして、3~5分噛む。

こんな感じ↓首は傾けなくてOKです。




④ 下を向き続けない。


➀~③は表情筋の筋トレ的な感じですね。


じゃぁ④は?


これは、たるみ予防!原因➁ PC、携帯を見る時間が長くなった対策です。

特に携帯ですね。


皆さん、携帯をいつものように見てください。

そして、表情は作らず、ポーズも取らずに、そのままカメラをインカメラにして、1枚撮影。

どうですか?写真は?

おそらく、人にはあまり見せたくない写真では?

特にあごのラインとか頬の感じ。

日頃、携帯を一生懸命に見て楽しんでいる間に、顔の筋肉はずーっとこの状態です。

怖くないですか??

おそらく、SNSにはアップ出来ないと思います。

だいたい、下を向いて携帯を見ている姿を撮るなんて、自撮りの時にする姿勢じゃないですよね。

カラダの姿勢ももちろん大事ですが、顔の角度も表情筋には負荷がかかることがあります。

携帯やPCの角度は大事です!


隠れているから、口元はおざなり…では、残念過ぎますね。

シワあっても表情が素敵な人は、輝いています。

マスクの下でも笑顔作りはしっかりと!


ちなみに、Pranaでは、顔はココロとカラダの状態が現れる場所と考え「Balance Facial」と名付けています。

単純に、見た目の肌ケアだけはしませんし、顔に現れているサインをご自身にも気づいてもらい、応えて欲しいからです。

なので、肌にだた触れるだけでなく、表情筋やリンパ節もしっかり確認しますし、頭皮や頭部、頸、デコルテライン、背中や足元にも触れて、サインを見つけ、肌に現れている本当の原因にたどり着くように行っています。

アロマケアのみでも美容鍼でも行うことは一緒。


こんな風にトータルで見ているので、フェイシャルケア=スキンケアとお考えの方には、Pranaは向いていませんね…

機械も使っていないので…


フェイシャルケアって、サロンによって異なります。

化粧品やパックなどによってしっかり肌ケアを行うこともあれば、機械で肌代謝を上げたり、シミを取ったり・・・

アロマやオーガニック化粧品で自然の恵みを得たり、癒されたり。

自分が求めている肌や結果は何かをはっきりさせることで、ケアの方法を選ぶことが出来ますね。

年齢によってお悩みが違うのと一緒ですね。


早く緊急事態宣言が解除されると嬉しいし、マスクの下の緊急事態も解除できると嬉しいなぁと思います。

最新記事

すべて表示