マスクの下の緊急事態 その2

最終更新: 6月4日

ココロとカラダのBestBalanceへ


マスクの蒸れがイヤで、夜な夜なランニングをしているアロマ鍼灸師のMamikoです。

気温が下がると、蒸れがないのと人がいないのでマスクを外させていただき走っております。



6月2日(水)放送のためしてガッテン

見ましたか??

https://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20210602/index.html


先日、マスクの下の緊急事態をお知らせしましたが、ためしてガッテンでも同じように頬のたるみを取り上げていました。


それに加えて、ためしてガッテンでは、「口臭」も上げていましたね。


確かに「口臭がきつくなった気がする」と打ち明けるお客様も増えています。


「口臭」の原因の多くは、


➀唾液の減少(起床時・緊張時・ホルモン)

➁舌苔(食べかすや歯周病)

③血液成分(匂いの強い食事や飲酒後、空腹時、疲労時、病気)

④心理的(緊張、ストレス)


今回のがってんでは、マスク内で口をぽかんと開けてしまい乾燥して、口腔内の唾液不足が原因とのこと。

気を抜いているということですね~

確かに、マスクの中は見えないので、ぽかんって開いちゃうことありますね。


エステの講師をしていた時、学生にも多く、度々相談を受けていました。


でも、若い世代のお口ぽかんの原因は、口の周りの筋肉の低下がほとんどです。


・小さい時から硬いものを食することがない(顎の骨格が小さくなっているためかも?)

・柔らかいものが好き

・ガムのようなものを食さない


が原因ですね。


コロナ禍においては、マスクによる気の緩みなのでしょうが、見えないからこそ、マスク下ではお口の筋トレです。


ニコニコ(^▽^)と笑っていても見えないからこそ、マスク下で笑うのです。


私は、歩いている時も、電車に乗っている時も、カフェなどでPCを使っている時も、マスクをしている時に顔の筋トレです。

笑って歩いてたら変でしょ。

だから、見えない時こそチャンスです!


それに、表情が見えにくいからこそ、マスク下でもキチンと笑顔を作ります。

人と接する以上、最低限のマナーだと思うから。

アロマ鍼灸師は、接客業でもあります。


コロナが納まり、マスクなしの生活が来てから気が付くのでは遅いですよ!

しっかり、筋トレをしましょう!


筋トレ方法はためしてガッテンでもやっていましたが、こんなこともおススメです。

お口に鉛筆や箸など棒状のものを挟むです。

(㊟頸を傾ける必要はありません。)

CMを見ながらもOKですが、女性なら髪を乾かす間に、歯ブラシを使って行うことが可能ですよ。

ぜひ、今日から始めてくださいね。

「脱!お口ぽかん」を今日からお口の筋トレをしましょう!


お口の筋トレの次は、口臭対策第2弾:唾液分泌についてです。

最新記事

すべて表示