top of page

福を呼び込むカラダの準備

ココロとカラダのBestBalanceへ

アロマ鍼灸師のMamikoです。


大掃除の目的ってご存じですか?


気持ち良く年を越して、新年を迎えるためではないんです。


「煤(すす)払い」を行い、神様を迎える準備をするのが目的。

この煤払いは1年間に蓄積した自宅の埃や煤を落として、神様を迎えるためのものなんです。

準備状況はいかがですか??


この1年間、いや、12月は気忙しく自分のことを後回しにして、ココロとカラダに色々とため込んでいませんか?

疲労感や倦怠感、何となく不調はもちろん、イライラや悶々、相手に言えなかったアレコレ、肩こり・腰痛・頭痛・胃腸の不調もやり過ごしている!

あ、お肌のケアだってやろうと思ったのにやってない!!

あ、○㎏痩せるどころか増えてる~😨

なんて、色々とため込み過ぎているとココロとカラダに福が入る場所がありません。


様々な健康情報もたくさん見てやってみたけれど、3日坊主…

そもそも健康情報は、「○○を解消するにはこれを食べよう!」などプラスすることが多い。

プラスするって簡単だから、始めやすい。

でも、そもそも空きスペースがないと、プラスできないんです。


居場所のないところには、福神様は来てくれないですよね~。

空きスペースはとっても必要なんです。


これは身体も同じこと。

ため込んだ疲労や老廃物、感情などをスッキリをデトックスすることで、カラダが喜ぶ!

カラダがラク(楽)だとココロも楽しくなります。

軽やかな身体で大掃除を!


今年も残りわずか。

ココロとカラダのリセット&デトックスは、今年のうち済ませて、幸運を引き寄せましょう!


ちなみに

門松:福の神への目印

しめ縄:神様が宿る場所を示す&厄除け

鏡餅:神様へのお供え物

の意味があるそうです。


皆さんは準備しましたか??


今やクリスマスがあるので、クリスマスのあとにお正月飾りを飾る習慣になってきましたが、本来は12月13日。

日本の伝統行事が薄れてきています。

私たちのカラダとココロは日本の風土によって創られてきました。


コロナで窮屈な思いがあったかもしれませんが、コロナによる行動自粛などは自身の生まれた&生活環境などに目を向ける時だったと私は思います。

自身の事を見つめる・自身の事に使える時間そして、快適と感じる人や物事との距離感をゆっくりと見つける時間をとることが出来るチャンスを与えられたのだと。

行動自粛が緩和された今、この時間は残りが少ないかも?

大切にしていきましょう。


友達や親、様々な新しい出会いが出来ない時間も見方・考え方次第で相手を想う・思う愛情時間に変化します。


カラダとココロのゆとりを持っていきましょう!

カラダのゆとりはPranaにご相談くださいね。←ちょっと控えめに


あ、お正月飾りは、12月26日には飾りましょう!

29日は「苦(九)にち餅(くにちもち)」と言って苦労が絶えない

31日には「一日飾り(いちにちかざり)・一夜飾り(いちやかざり)」と言って神様への誠意に欠ける、葬儀を連想するとされていますのでご注意を!


今日もありがとうございます。


まずはクリスマスをお楽しみくださいね。

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page