top of page

食事でデトックス!食べて出すが正しいのか?


これらの臓器や器官が働きやすい環境に整えるための食事を工夫するのもデトックスの1つです。


個々のカラダに適した食材のメインは、身土不二をベースにした「旬」のもの。

身土不二とは、「身と土、二つにあらず」。

人間の体と人間が暮らす土地は一体で、切っても切れない関係にあるという意味の言葉

その土地の土で成長した食べ物も、カラダと切っても切れない関係です。

そして、旬は、普通に育てた野菜や果物、魚などがたくさん取れる時季であり、その季節に必要だからこその栄養素がたくさん詰まっています。


なので、「旬」の物が一番おススメ!


肝臓にはしじみがイイとかアスパラがイイとか、腸には食も線維がイイとか言いますが、何ごともバランス良くです。


旬のものを取り入れて、3大栄養素をしっかりと摂り、ビタミン・ミネラルを摂る!

これに限ります。


デトックスだけ効率よくというより、デトックス機能を高める健康なカラダ作りが必要です。


そのためには、摂取すべきものより、避けたほうがイイものがあります。

それが、


①アルコール

②白砂糖

③カフェイン

④食品添加物


です。


特にアルコールは、避けましょう。

肝機能と腎機能に負担をかけ、腸の炎症を引き起こします。


でも、「酒は百薬の長」とも言われるように適度に飲む分にはおススメです。

リラックス効果があるので、ストレスフルな現代社会には必要なのかもしれません。

でもストレスを理由に飲み過ぎるのはキケンです。

ストレス解消法は、2~3個あると良いですね。


では、白砂糖はなぜか?

分解するために大量のビタミン・ミネラルを消費するからです。

摂取量が少ないビタミン・ミネラルを白砂糖の分解に摂られるのは本当にもったいないです。

黒糖やきび糖、はちみつ、アガベシロップなど甘味を持ち、ビタミン・ミネラルを無駄使いしないものはたくさんありますし、なんといっても、「旬」の食材は、甘みもあります。自然の甘味をしっかり感じる「舌」作りにも「旬」の食材は取り入れましょう!


カフェインは、覚醒する成分のため中枢神経への影響があることや消化器系への刺激、利尿作用が高まりが懸念されます。

どれも摂り過ぎた場合です。

現代の生活で言えば、カフェインが入った飲み物の多くが糖質過多になっているものが多いということ。

カフェインも糖質も大量に摂取する確率が高いので、気を付けましょう。


食品添加物は、食品を安全に食するために必要なものです。

腐敗してしまったものを食べるより健康被害は少ないのですが、中には、摂取量が増えることで発がん性や白血病などの原因になるものがあります。

やはり人工の物なので、自然の1部であるヒトが長期に大量に摂取をするには負担が大きいのです。



食品添加物に限らず、加工食品に偏り過ぎる食生活は、カラダに負担をかけてしまう事があるという認識を持つと良いですね。

食事は

「五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)で味わうもの」


この考えを取り入れることがデトックスの近道になると考えています。




ความคิดเห็น


bottom of page