鍼灸の適応症

鍼灸治療を受ける症状の多くは、肩こりや腰痛などが多いと思いますが、私たちのカラダとココロに起こる様々な症状に効果があると言われています。

 

適応症(例)

1979年にWHOが鍼灸治療の適応疾患を発表して以来、

アメリカ国立衛生研究所(NIH)が鍼灸治療の有効性に関する声明を発表するなど

世界的に認められるようになりました。

 

そんな鍼灸治療に適応する疾患は以下の通りです。

鍼灸適応症.jpg
ぎっくり腰
press to zoom
頭痛、悩み
press to zoom
ニキビ
press to zoom
眼精疲労女子
press to zoom
肩こり女子
press to zoom
風邪
press to zoom
1/1