「今日」違う「明日」のために

ココロとカラダのBestBalanceへ

アロマ鍼灸師のMamikoです。


なるほどーと思ったことわざの紹介。


「天(てん)知る 知(ち)知る 我(われ)知る 人(ひと)知る」


みなさんはこのことわざをご存じでしたか??


私は、今朝、とある方のお話を聞き初めて知りました。


意味は

「誰も知るまいと思っても天も地も知っており、私もあなたもそれを知っている。知るまいと思われることでも必ず誰かが知っている。不正・悪事はいつかは必ず露顕するものだ。」


[解説]中国、後漢の楊震が王密から金十斤をおくられ、「誰も知っている者はいませんから」といわれたのに対して答えたことば。

(コトバンクより)


なるほどなーと思いましたが、


「露顕するから、ダメだよ」


ではない気がして。


一番大切なのは


「私も知っている」


じゃないかなと。


年度末で様々なことに振り替える時節。


今日から明日へ変わることは、特別な事ではないけれど、明日は今日と違う日にしたい。


一歩踏み出すためには「恐れ」ではなく、「気づき」なのでは?


そんな風に思った朝でした。


こういう言葉に出会うと「春だな~」とも思います。


みなさんは、


どんな春を迎えますか??


閲覧数:5回0件のコメント